五行(ごぎょう)学説とは
漢方の基本的な考え方で、地球の大自然は 「気・地(血)・水」 3つの成分により創られており、この3つの成分を作り出し、動かしている機能が5つあると考えます。この5つが「木(もく)・火(か)・土(ど)・金(きん)・水(すい)」 です。

宇宙の惑星・自然界全てのものが 「木(もく)・火(か)・土(ど)・金(きん)・水(すい)」 5つの機能により動いていると考え、5つの機能体が、お互いバランスをとることで、自然の調和を保っている。と考えます。これが五行学説です。

私たちが普段使っている 曜日の数え方は 「火・水・木・金・土」 に 陰である「月」、陽である太陽=「日」 を加えた7つで成り立っています。これらは、地球の周りにある惑星の名前です。地球も五行の惑星と陰陽のバランスによって安定した状態を保っていると考えられます。
Five Element 3

また五行は、生む「相生(そうせい)」と 抑える「相克(そうこく)」の2種類の関係により、バランスを取り合っていると考えます。

  • 「生む関係」は、時計まわりに見ていきます。
    木を始まりとして 木→火→土→金→水→木 と自然のサイクルを見た場合、「木」は山火事や焚き火のように燃え上がるため、木が燃えると「火」が生 まれる と考えます。また、木が燃えると灰になり、落ち葉や枯草が新しい「土」が生まれます。その土が長い間積り積もって、地層になり、その地層から金や岩が生まれます。地層によって雨水が濾過されると、水が生成されます。湧水が次第に川となり海となり、蒸発した海の水が雨になることで、木々を育てます。これが自然の生む関係です。

  • 「抑える関係」は、星を逆に描くように見ていきます。
    金から順番に 金→木→土→水→火→金 とみると、地層や岩盤にある「金」は、木が根を張るのを妨げ、成長をストップさせるため、金は木を抑えると考えます。また、「木」は、土の栄養を吸い取り 「土」は、 水を埋め  「水」は、火を消し 「火」は 、金を溶かします。こうして、自然のサイクルでは、それぞれが増えすぎないように抑制し、五行のバランスを保っていると考えます。

五臓(ごぞう)
カラダにおける五行が「肝(かん)・心(しん)・脾(ひ)・肺(はい)・腎(じん)」という5つの機能のことで、これを「五臓」と呼びます。
これらは、解剖学の知識が入ってくる前に出来上がっていた考え方のため、現代医学でいう、肝臓・心臓などだけでなく、顔や頭、舌や脈、細胞や神経など 細かいところに至るまで、カラダ全てのパーツや機能をこの5つに分けて考えます。

肝(かん)=木
自律神経をコントロールして「気」「血」の通り道を 開いたり閉じたりと、巡りを調節し、カラダの隅々までスムーズに行き渡るようにしています。
そのため、肝の働きが衰えると「気」「血」の通り道が塞ぎ通りづらくなります。すると、気持ちも塞がり憂鬱になったり、筋肉がこわばったり、イライラ感を生じます。また、「肝」は目と関係しているため、目の疲れ・充血・かすみ目などの症状が起こります。

心(しん)=火
「血」を心のポンプで押し出し、全身に「血」を送って栄養を全身に届けています。
そのため心の働きが衰えると、冷え、顔が青白くなります。逆に、心の働きが活発になりすぎると、炎症が起こり、紅く、腫れます。また、「心」は脳と関係し、精神意識(こころ)の働きを統括する役割があるため、睡眠状態に影響したり、リラックスできない、頭が冴えないなどの状態になります。

脾(ひ)=土
栄養分から必要な「気」を作り出す、工場のような場所です。胃をはじめ、すべての消化器官を稼働させ、消化吸収機能の全てを管理しています。
そのため、脾が弱ると、気力がない、元気がでない、新陳代謝が悪くなる、胃もたれ、食欲不振などの状態になります。また、脾の管理機能が乱れると、暴飲暴食になり、食べ過ぎると脾のキャパオーバーになるため、対応しきれなかった栄養や老廃物が蓄積され、肥満や高脂血症などの生活習慣病につながっていきます。

肺(はい)=金
肺のフィルターで、外気からウイルスや不純物を取り除き、キレイな「気」を取り入れる働きをしています。
そのため、肺の機能が弱まると風邪をひきやすくなったり、大腸から病原菌の侵入を許して下痢になったりします。そのほか、鼻・のど・気管支・皮膚・粘膜などと関係しているため、花粉症・鼻水・鼻づまり・のどの痛み・皮膚のかゆみなどの症状がでます。また、水の「潤い力」でバリア機能を高めているため、水をカラダの表面すみずみにまで行きわたるよう、「水」流れをコントロールしています。

腎(じん)=水
カラダの中に溜まった老廃物や余分な「水」を腎の濾過装置でキレイにし、カラダの外に出したり、水分量を保つことにより、カラダを若々しく保っています。
そのため、腎が衰えると、乾燥したり、むくみが出たり、夜尿・頻尿などの泌尿器に影響がでます。骨や歯、髪、耳、足腰の強さなどとも関係しているため、老化現象に影響し、また、「水」の1種であるホルモン分泌の調節を行っているため、腎が衰えると、性欲がなくなったり、生殖器、婦人科に影響がでます。そのほか、腎は、「血」を造る骨を管理しているため、成長・発育・生命力にかかわる重要な器官といえます。

すべての症状・体調は、五行の関係とその働きによって説明ができます。

今の自分のカラダや心の五行のバランスの状態を把握し、バランスを整えるようにケアをすることで「健康」が保つことができます。
自分の状態・体質を把握するためのツールが「漢方の知恵」であり、自分で簡単にできるケアの1つが「漢方ハーブ茶」なのです。

FiveElement