漢方について学ぼう


~ What is Kampo? ~ 

漢方は、昔からの経験を集約した「おばあちゃんの知恵袋」のような考え方です。昔の人の経験と知恵がたくさん詰まった 漢方の基礎理論は、科学や解剖学が進む現代で その神秘的な力や考え方がどんどん解明されてきています。

漢方とは、今の中国国家が「漢」という国だったころ、日本に入ってきた元気に生きるための医学「健康法」のことで、略して「漢方」といいます。明治時代、西洋から入ってきた現代医療が漢方療法に置き換わるその日まで、漢方は、日本の風土、日本人の体質、日本の薬草などに合わせ、発展し医療を支えてきました。最近では、現代医療だけでは、対応しきれない生活習慣病や自律神経の乱れが増えていることが問題になり、改めて漢方などの代替医療・セルフケア・自然療法などの需要が高まってきています。

漢方の知恵や考え方を知る事で、日々のセルフケアで、体調管理をすることが楽に出来るようになります。
いつもの生活に役立てられる ちょっとした元気に生きるためのコツがたくさん詰まった漢方の知恵をぜひ楽しんで学んでみてください。

漢方のベースは、「全体観念(ぜんたいかんねん)」といって、宇宙・世界・動物・植物そして私たちすべてのものは、関連し、つながり合っている。という考え方にあります。

たとえば夏、私たちは、暑いと体温も上がり、汗をかくことによって体温を下げようとして、体内の水分と体力が奪われ、のどが渇く、疲れやすくなります。これと反対に、野菜や果物は、強い紫外線と暑さから実を守るために、水分たっぷりたくわえて育ちます。そのため、夏が旬の食材をいただくことで、私たちは潤いを得ることができるのです。このように、私たちや動植物は、天候に左右されて生きています。

カラダの状態を環境などを含め考えることで、その根本となっている原因をみつけ、その人に合った方法(漢方薬・食材・気功・鍼灸など)で改善するよう努めることが漢方の特徴です。

体質を「知る」ヒント
• 陰陽(いんよう)
• 気・血・水 (きけつすい)
• 五行(木・火・土・金・水)

陰陽 ~What is Yin and Yang? ~ 
漢方では、この宇宙・世界・私たちのカラダなど、すべてのものには、「陰と陽 2つの性質がある」と考えます。
私たちのカラダも、冷え/暑い、休む/活動など 2つのバランスをとりあって生活しています。
yinyang

気血水 ~What is Qi・Xue・Shui ? ~
私たちのカラダは、この3つの物質でできていると考えます。そして、この3つが充実し、バランスが整っている状態が「健康」の状態です。
「気」は、体内にエネルギーをめぐらせ 「血」は、栄養とパワーを補い 「水」は、カラダを潤しています。
qixueshui

五行 ~What is Five Elements? ~
私たちのカラダは、五つの器官・機能によって、気血水の3つを作りだし、動かして生きています。その器官・機能を司る場所が「肝・心・脾・肺・腎」と呼ばれる「五臓六腑」です。
5つの働きのバランスをとることで、気血水が滞りなく、適度な量の物質を作り出せている状態が「健康」な状態です。
FiveElement

もっとも大切なのは「今、自分の心とカラダの状態がどのような状態なのか?」「今の自分に必要なケアは何か?」を知ることです。ぜひ、陰陽・気血水・五行の考え方をヒントにしてみてくださいね。