陰陽とは
「太陽と月」「南と北」「空と大地」「+と-」「表と裏」「温と冷」「男と女」この宇宙・世界すべてに、2つの相対する性質がある。この2つの性質のバランスを取り合いながら、物事がなりたっている。という考え方が「陰陽学説」です。

inyou

漢方の知恵が生まれた4千年前、人々は、大自然の中で自然のリズムで生活をしていました。毎日、太陽が出るころに起きて働き、月が顔を出すころに家で休みました。また夏の暑い日は、カラダが暑くなり、寒い冬には、カラダが冷えるという変化にも気づきました。こうした経験と気づきの繰り返しで生まれた考え方の1つが、陰陽学説なのです。

inyou2

私たちのカラダのパーツも「上半身と下半身」「お腹と背中」「体表と内臓」などにわけられます。
また、色で陰陽のバランスをみることもできます。太陽のような「赤・オレンジ などの暖色系の色」は陽で、月明かりのような「黒・白・青 などの寒色系の色」は陰に分類されます。

陰陽のバランスがどちらの性質に傾いているかを知ることで、バランスを調節し、健康な状態を保つようにしましょう。